タイ < 用語事典


楽譜上で、二つの同じ高さの音の上か下につけられる弧線。

辞典-タイ


タイのつけられた二つの音は、
切れ目なく連続した一つの音として演奏される。

タイは同じ小節の中で使われるほか、
縦線(小節線)をまたいで異なる小節の音に及ぶ
こともある。

これは五線譜上でのこと、
我々が使う太鼓楽譜(リズム譜)では、
基本的に音程がないので、
「二つの同じ高さの音の上か下につけられる弧線」
ではなく
「二つの音の上か下につけられる弧線」が適切でしょう。

ちなみに
五線譜上での「同じ高さの音」ではなく
「異なる高さの音」に付けられた弧線は「スラー」と呼び、
レガート(滑らかに)演奏することを指示します。

参考 タイ(楽譜の基本)
参考 シンコペーション(音楽用語事典)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17236568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック