反復記号 < 用語事典


同音、同音型、
または同一小節の繰り返しを指示する省略記号のこと。

反復記号には以下のような種類がある。

1. 小節内の同音、同音型の反復。
2. 1小節の反復。
3. 2〜4小節の反復。

反復記号


楽譜の説明

【A】
 小節反復と言って
「前の小節を繰り返し演奏する」。

【B】
 同じく
「前の2小節を繰り返し演奏する」。

【C】
 リピート・マーク。
 最初の記号から次の記号までの間を
 繰り返して演奏する。

【D】
 繰り返し時の演奏小節を指示。

【E】
 ダ・カーポ。
 始めから、の意味で
「曲頭に戻る」。

【F】
 ダル・セーニョ。
 記号のところから、の意味で
「セー二ョマークに戻る」。

【G】
 セーニョ。
 D.S.(ダルセーニョ)の戻り先を指示。

【H・I】
 コーダ・マーク。コーダマークへ進行する。
 一般的には、コーダ・マークの頭に「to」を付け、
 後のコーダ・ マークには
 後ろに「CoDa」をつけることが多い。

【J】
 フィーネ。
 反復記号が使われたとき、演奏終了箇所を指示。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17302093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック