スティック < 用語事典



ドラムを叩くための「バチ」のこと。

ただし、
ティンパニー、シロフォン、マリンバなどのバチは
「マレット」、
トライアングル、ドラム・ペダル用のバチは
「ピ−ター」と呼んでスティックとは区別する。

和太鼓では、単に「バチ」と呼んでいますね。


スティッキング

ドラム奏法全般の総称だが、
主に手順のことを指す場合が多い。
手順とは、
打楽器を演奏する際の手の左右の順を示したもので、
同じ音符を演奏しても手順によってニュアンスが異なる。

左右交互の「オルタネート・スティッキング」、
ダブル・ストロークを混ぜた「パラディドル的スティッキング」、
など手順は多様であり、
この辺はルーディメンツなどにも大きく関わってくる。
私の講座では、「手順」と呼びます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17311693
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック