パラディドル < 用語事典



このパラディドルと言う言葉を説明するには、
「ルーディメント」と言う言葉の説明抜きには
語れません。

ルーディメンツ【rudimennt】(基本・初歩)
 スネア・ドラムをマスターする上で非常に大切な基礎奏法。
 一般にもっとも広く知られているルーディメンツは
「スタンダード26アメリカン・ルーディメンツ」という
 26の基礎奏法のことであろう。
 これは、1933年にアメリカの高名なドラマー113名が
 シカゴでディスカッションを行った末に選んだ、
 すべてのドラマーが知っておくべき
「ドラミングの主要基礎13」をもとに完成されたものである。
 現在は高度に拡張され、
 ハイテクニックなスティッキング多数出現している。

パラディドルの主な奏法としては、
以下のようなものがあげられる。
(1)シングル・ストローク・ロール
    片手ずつ交互に打つ
    シングル・ストローク(RLRL・・・)の
    スピードを速め、音をつなげる奏法。
(2)ダブル・ストローク・ロール
    片手で2つずつ打つ
    ダブル・ストローク(RRLL・・・)を
    速いスピードで行い、音をつなげる奏法。
(3)パラディドル
   (やっと出てきました[笑])
    シングル・ストロークとダブル・ストロークを
    組み合わせた奏法。

ここまでは、知らないうちに使っていることが多いのですが、
とりわけ(3)のパラディドルは
中級以上では必須テクニックです。
他に(4)フラム (5)ラフ と、あります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17312516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック