シャッフル < 用語事典



一般に「シャッフル」と呼ばれるリズムは、
「バウンスリズム」の中に含まれる「一つのリズム形」です。

「バウンス」とは、
「弾む」「跳ねる」「バウンドさせる」と言う意味で、
音符を弾ませて演奏する事を指し、
一般には8分音符などを3連符、またはこれに近い形で
演奏することを言います。
バウンスの度合いは、
テンポやフレージングのあり方によって異なります。

「シャッフルリズム」とは、
元々はアメリカ南部の黒人たちの間で作られた
独特のダンスリズムのことで、
1920年代にジャズリズムの一種として流行した。
単に「シャッフル」と呼ばれることも多い。
太鼓音楽(芸能)で使われる
「タッカ タッカ ・・・」「ドッコ ドッコ ・・・」は、
正確には「シャッフル」と言わず
「バウンスリズム」と言った方がいいかも知れない。
「シャッフル」は、
実はもっとノリがいいものであるから〔笑〕。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17314148
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック